[2014.1.12]

だぶだぶ六花(1)

邪王真眼描くか!
ありがちだけど男モノのYシャツを裸に着せるのは正義よな。正義である。

rikka01-01

かなり前に描いた六花ちゃんは
rikka

なんかすごく萌えないで燃えていたので燃えないようにしよう。

[2014.1.11]

ふみおかNo.3(4)

鉛筆のままペン入れしないで色塗ろうとしてみた結果、汚くって全部かきなおした。

fumio06-05

 

[2014.1.9]

ふみおかNo.3(3)

塗り塗り。

fumio06-04

よくよく思い出してみると、
子供の頃にマンガやアニメキャラをノートに落書きする、
ということをしたことがほとんどないのだった。

美術や芸術が全て、マンガとかアニメはくだらないと思い込んでたからねえ。どこかで。

40近い歳になってこんなにもハマるとは、
ほんとう、面白い。

 

[2014.1.9]

ふみおかNo.3(2)

服着せる。左腕がへんだな…。

fumio06-03

—とは全く無関係なメモ—

ハイスコアガールの最新刊はおかん大勝利でしたな…。
うん、その通りだと思うよ「己の趣味にも真剣になれん奴は何をやっても駄目よ」は。

耳が痛いねえ。
おかん年下だろうけど僕より。

どっかで拾ったこの↓、まんがでわかる絵の上達するひとしないひと。

mangadewakaru

 

僕はどっちかというと「しない君」に近いねえ!
自分のことかと思ったわ。

ま、誰でも両面あって、言うか言わないかの差だけなんですよ。

[2014.1.8]

ふみおかNo.3(1)

服描く前に全裸かかないと描けないんですよね…。

fumio06-02

今までもふみおか何枚か描いてます。
好きなんだもん。

↓去年6月に描いたふみおか
yuyshiki5

↓去年7月に描いたふみおか
fin_yuyu8

↓去年8月に描いたふみおか
yuyushiki11

大分変わりましたねえ半年で。顔とか毎回違うし。
今も前のもああへっただなあとは思いますが、
それなりにガチ、大抵ガチなので恥ずかしくはないようです。

楽しいねえ。
一人でいる…と言っても背後には常に僕と同じく超インドアな嫁がいるわけですが、
一人でとじこもることの何たる充実ぶり。

めらめらと元気になりました。
1ヶ月に1回くらいでいいんだ人と会うのは。

 

[2014.1.7]

待ちびとふみお(fin)

大きいサイズはこちら

結局形が狂ったままだとやっぱりダメだということでこれでおしまい。
パースから何から全部おかしくて遠景を書き込む気が起きず。

fumio05-fin

んでもこう、放課後とか教室とか屋上とか黄昏とか、
よくありがちな青春テーマではあるんですけど、
ありがちな方がすきだよ。

ちょっと微妙な気分になって、
一人片隅や屋上へ逃げる、
誰かが追ってくる、探しにくる、というシチュエーションは、
僕がずっと憧れたり求めたりしたものです。

共同生活に放り込まれると、
頼まれてもないのに延々と人の世話ばかり焼いていた気がする。

それは実は自分がそうして欲しいからだ、
ということを理解してもらったことはなく。
そこだけは自分で言って理解されるのではなく、
何となく誰かに自然と理解されたかった部分でもある。

まあさすがに今更そんなもん現実には求めてないわけですが。

[2014.1.7]

待ちびとふみお(3)

うーん。どういう向きで体をねじってるのか自分でもわからなくなり。

fumio05-03

 

 

 

[2014.1.6]

待ちびとふみお(2)

なんかこう、もっとドラマチックな構図にならないものかなと思ったんですが、
元の形もとれない癖に極端なパースをつけようとして更におかしく。

これだと頭大きすぎるか。うーんどこが根本的な原因なのかわからない。
頭だろうなあ。

fumio05-02

↓最初に予定してた構図だとなんかこう、
「表情には出さないけどすごく待ってたよ」的な感じがしないんじゃないかと思って
変えていってみたんですけど…。難しいねえ。

fumio05-01

 

—とは全く無関係の日常—

咲全国大会編、はじまりましたな!

僕はワハハがすきです。全国大会あんま関係ないけど。

45417975