[2013.11.25]

萌えポーズ(2)

テンプレポーズだと思うんだけど資料見つからず。
尻がどうなってるかわからない。
とりあえず上半身と下半身が繋がってる尻募集。

rafu3

—メモ1—

もう義父の一周忌。田舎いってきた。
いい天気過ぎて眠くて眠くて、坊さんの分のお菓子も食べ散らかして怒られたりして、
何をやっているのか。

意外と強烈に人見知りする。
知る人のいない席に放り込まれると、
実際一言もしゃべらない。仕方なく、ただ食べる。

タバコを吸えないと、ほんとにどうしていいかわからない。

一人、長く電車に揺られていると、
次から次へと脈絡なく恨みばかり浮かんでは消え。
後悔ばかりですぐ疲れる。

猫とだけ会話した。
動物はこんなにもたやすいのに。

—メモ2—

ougi03ougi01
ougi02

物語シリーズ後期も佳境でございますが、
とりあえず扇タンに萌えました。ちょっとしか出てこないけど。

ものすごく自分でも好きそうだなと思いました。

—メモ3—

僕は救われない世界や人が好きですよ。
救われた世界にはそれ以上何もないからな。

[2013.11.23]

萌えポーズは

いつもどうしたらいいかわからない。
試行錯誤の結果このように上半身と下半身の動きが分離。
ホラーか。
脳内だけではもう限界。ちゃんとモデルを見て練習しよう。
上半身と下半身が繋がってるモデル募集。

のんのん2

—メモ1—

快活なクラスの人気者スポーツ美少女が裏で汚いこと考えてる、
のとか好きです。いいですねえ。

ヤンキーだけど実はいい人、には全く萌えません。
「実はいい人」とか見たことないですヤンキーに限らず。

太宰の「人間失格」に出てきた、
頭よくてひょうきんでクラスの人気者なイケメン主人公が、
心の中では低能と見下していた愚鈍な同級生に、
こっそり、しかし正確に自分の偽者ぶりを言い当てられ、
あうあうなる場面とかが大好きです。

行けるものなら二次元に行ってみたいと思いますが、
僕の二次元には誰もいないし何もないかもしれません。
それがすごく恐ろしいです。

 

—メモ2—

最近ハマっていることは、
ネットで拾ったいやらしい音声を高級イヤホン及び大音量で聞きながら、
心癒される海外の自然風景もしくはかわいい動物の番組を見ることです。

より一層、あらゆることがいやになります。

[2013.11.21]

単なる近況

パンチラとかスク水とか描くか、と思ったがどうもそんな気分でないので
乳首にするか。また。レイヤー10枚くらい使って。本気のやつを。
本気出すと6つくらい乳首描きそうで怖い。乳に。

—メモ1—

ほぼ毎日泳ぎにいっている。
もくもくと泳いで、
楽しいことも嫌なことも全部なかったことにする。

ジムに通い始めて4ヶ月ほどになる。
初めてコーチらしき人に声をかけられた。

ひたすらバタフライで往復しているわけだが、
人間じゃない動きをしているから体壊れますよと笑顔で。

うむ、既にだいぶん。
まあおっさんだしねえ。
おっさんが人間かどうかは難しい問題だ。

人間じゃない動きってどんなだ。
ウホウホか。もしくは虫か。

全く痩せないが、腕がいやに太くなってスーツが入らない。
ズボンはそこそこゆるくなった。
パンツは裂けた。

—メモ2—

野郎のみで萌え歌を歌い続ける会を開催。
何度歌っても僕の小倉唯は自ら嘔吐しそうなレベルで気持ち悪い。

 

[2013.11.19]

途中経過5

どの辺がゴールかなあと悩みつつグランジグランジ。

tewo5

 

—メモ1—

他人のせいに出来ることなどないとよくわかっているからこそ、
全部他人のせいにしたいのだ。

ああ腹立つなあ。ほんとう、腹立つわ。
ため込む性格ではないが、自分では火が消せないのよね。

—メモ2—

uchoten

放送は終了しましたが、有頂天家族は本当によい内容でした。

まあよい内容なのは見ればわかる話ですが、
とりあえず放映前にこのイラストを見て即座に視聴決定したのを覚えています。
ストライクすぎて。

この娘さんが野の小動物を使役しながらがんばったり傷ついたりする話かなあ
などと大変胸躍っていたわけですが、
女の子ではなく男、というかたぬきであるという予想外の展開に、
放送中、もう俺ホモでもケモナーでもいい、と新世界を垣間見ました。

とても泣ける話でした(とってつけた)。

—メモ3—

もうあれ、髪短くてジト目でセーラー服だったら大体なんでもいいという、
ものすごくわかりやすい記号に支配されているわけです。

男の娘でもいい。二次元なら。

[2013.11.17]

途中経過4

なかなか顔が決まらない。

手を離したら5

 

—メモ1—

お節介が過ぎるのです。

結局お前は何がしたいんだと問い詰められることは昔から多くありましたが、
自分の本当にしたいことは表に出した瞬間にそこで何もかも終了すると思い込んでいるので、
自分のことは自分だけで完結させる癖がついてしまっています。

要するに他人事だとどこまでもお節介になりますが、
自分のこととなると全く人の話を聞かないため、
そこら辺の理解を他人に求めるのも無理な話だと思っており、
無理であれば諦めるほかない。

進んで人から好かれたくも嫌われたくもないですが、
何しろ、仕方ないとしか考えようがないかと。

不真面目さ・適当さへの憧れは年々歳々増すばかりです。
いちいち本気なのは本当、疲れます。

 

—メモ2—

20131116_194846

というわけで疲れたので、先週またメイドさんのところにいってきました。
癒されることは全くありませんが、
またいくと思います。またきてネって書いてあるし。

すごくつまんなそうな顔のやる気のないメイドさんが好みです。

—メモ3—

ちなみに何かというと僕の話に登場するイカちゃんですが、

ika

1期最終回の、引き留めてもらおうとして「海に帰る」と発言したところ、
みんなが「がんばってね」「じゃあな」などと盛大に餞別を言うので(それも冗談だったのですが)
引っ込みがつかなくなって本当に海に帰ってしまうカットが一番好きです。辛いです。

僕はすぐ何でも本気にするので、
よくこうしたジョークの対象になりましたが、
30余年を経たのちもよい思い出に変わることなく鮮明に記憶されています。

「ギャップ萌え」という単語を覚えたのはこの放送の頃からだったと思います。

[2013.11.15]

途中経過3

ちまちま本かきはじめる。きったないのすき。

tewo04

 

—メモ1—

まいったなあ。
と、一日かけて絞り出したのがそれだけだった。

—メモ2—

minorin
みのりん(とらドラ)

個人的な名場面はこの、
「ウソツキ」とドスのきいた声で詰め寄るみのりんです。
何回見てもきゅんとします。

多分、とらドラからアニメを見始めた僕にとって、
これが僕の萌えなんだと思います。

僕がいつまでも学園もの(ラブコメじゃなくていい)ばかり好きなのは、
一つはもう一度ちゃんと学校生活をやり直したいという強い慚愧の念と、
確実に僕の精神年齢がその辺で停止しているからで。

一応かりそめにも仕事はしておりますし、結婚して家庭を築いているわけで、
病的なピーターパン・シンドローム(大人になりたくない病)とは違うかもしれませんが、
状況や雰囲気が合致すれば、簡単に青臭い気分に先祖返りします。

それは「少年の心」といった、美しげに粉飾された何かではなく、
極めて殺伐として身勝手な、少年犯罪の病理に近いのかもしれません。

—メモ3—

みのりんしかり、
危ういバランスの上に成立している脆弱な人間に魅力を感じます。

僕自身は発狂もしないし、決めたラインからはみ出ることはしないからです。

[2013.11.13]

途中経過2

なかなか下塗りがおわりません。

手を離したら3

 

—メモ1—

一日のうちにめまぐるしく気分が変化し、
お世辞にも安定感のある生活とは言いがたいため、
外出や人と会うこと話すことを極力控えています。

学校はいいんですよ。仕事だと何でも平気。
救いです。
閉じこもっているばかりだと大分長引くでしょうから。

部屋の中で、断続的に殺意が湧いたり神様になったりお茶をこぼしたりしています。
全くいつもと一緒じゃないか。

あ、うつとかではありません。不眠でもないです。いつでもどこでもすぐ寝ます。
病んでたら絵なんか描いてる場合じゃないし、テレビのリモコンさえ持てない。
よく知ってる。

多分、再度そうした救いのない状態になることがあるとしたら、
貯蓄が底をつきそうになる頃だと思います。

—メモ2—

ほとんど顧みられませんが、
冗談で言っていることも激しく本気だったりします。

だからがっかりしたくなくて、一人で出来ることしかやらないことが多いです。
基本的に気分屋は嫌いで、
人を振り回しがちな人間は天敵ですが、
だからこそ羨ましいとも思うため、なるだけ自分もそう見えるよう、ふるまってみたりします。

あんまり冗談言えないです。
やりかけたことを途中でやめると気が狂いそうになります。
だから飽きっぽい人も怖いです。

日常の維持に固執したり執着したりします。
かなり激しく執着します。

—メモ3—

1b0cd221
ぽって(たまゆら)

頭がお花畑で出来ているわけでもないですが、
怒濤のように溢れ出るご当地推しに若干目をつぶれば、
「たまゆら」のような、うっすらとした人間礼賛の世界が今すぐ欲しい世界です。

タルコフスキーのノスタルジアのような、
救いのない美しさが自分の原風景だと思っていましたが、
そこまで透徹しない、悪意の少ない場所に身を置きたいです。

なので。

[2013.11.12]

鳥取に行ってきた話など

—メモ1—

そういえば、こないだ鳥取にお仕事で行ってきました。
大学の同級生が家督をついで社長さんになりましたので、10年ぶりに会おうよサイトやらロゴやら作ってよ的な。

僕の職業に学歴は全く無関係ですが、そこそこの大学にいっておいたおかげで、
周りの人間が勝手に出世して仕事をくれたりするので、あの精神をすりへらす受験勉強も無駄ではなかったということです。

はせやんとりあえずどこに行きたいですか、と空港についてすぐ迎えに来てくれたので、
「人間の存在しない場所」と告げると、全くかわらんねえ、と苦笑いしつつもちゃんと人間の存在しない場所に連れてってくれました。

iwami3

ここで打ち合わせをしました。

「はせやんロゴとか作れる?」
「うん。東京帰ったら何か作って送る。」
「じゃそういう感じで。」

と10秒くらいで打ち合わせは終わりましたので、
後は40のおっさん同士微笑みながら、無言で砂浜を駆けたりしました。

キモかったです。

学生の頃に恋人と砂丘にきて、喜びのあまりそこら中を転げ回った結果、
その場で別れ話になったことを思い出しました。
思い出したくなかったです。

—メモ2—

あっという間にやることがなくなったので、
鳥取で活躍中の卒業生を呼びつけ、元せんせいの権限を行使してアニメの聖地巡礼に連れてってもらいました。
手土産も持たず、ガス代も渡さず、平日の真っ昼間に仕事の手をとめさせてまで連れてってもらいました。

せんせいだから!せんせいすげえな。

今度東京きたらなんかあげます。あめちゃんとか。2個くらいあげます。

 

どこ行ったかというと、こないだまでやってた「Free!」のロケ地ですね。
正直、内容を大分忘れかけてたので、適当に写真とりました。

東京に戻ってから、アニメのシーンと比較しましたが、知ってはいたけどものすごく正確な再現率ですね。
さすが京アニだと思いました。
京アニだし、あずにゃんとかその辺に落ちてるんじゃないかと期待しましたが、鳥取には落ちていませんでした。
中二病の六花ちゃんでもよかったんですが、鳥取には落ちてませんでした。残念です。
たまこまーけっとのあんこちゃん以下略。

 

iwami

あきらかに聖地巡礼だろうと思われる、女子大生的な雰囲気の娘さんたちを何人も見かけました。

恐らく僕一人で来ていたならば、「よかったら案内しますよ?僕地元の人間なので」などと
純度100%の嘘をついて誘ったりしたと思いますが、まあ元教え子の前でそんなせんせいなのも具合悪いので
大人しく階段を昇ったり降りたりしましたよ。久しぶりに階段を昇りました。
もし僕が総理大臣になったあかつきには、
神社や見晴らしのよい岡には全部エスカレーターをつける法案を成立させると思います。

iwami2

とってもきれいで、快晴で、即座に死にたくなる。

僕自身も同程度の田舎の出身なので、ことさら田舎に憧れを持っているわけではないのですが、
それでも人間しかいない東京からくると、ここで仕事をして、飽きたら海に飛び込むのもいいなあと思いました。
あ。wimaxは余裕で圏外でした。繁華街でも圏外でした。あなどれねえ。

にゃんぱすーとか叫ぼうと思いましたが、鳥取で放送してそうにないのでやめました。

今言おう。にゃんぱすー。

あといろいろ、ありがとうございました。
このご恩は、忘れるまで覚えています。

—メモ3—

ふみおちゃんが現れるまで心のオアシスだった折部やすな。

yasuna (2)

現オアシスふみおちゃん。

fumi

朝っぱらからたまゆらを全部見直す程度に疲弊。
ずっと仕事をしていません。

だいぶん仕事をなくしてしまいました。
ずっと働き続けてきたので、もうゴールしてもいいんじゃないか。

[2013.11.10]

途中経過1

ちょろっと下塗り。
最近アニメ版「かみちゅ!」を見たせいか雰囲気がゆりえっぽい。

ori2

 

—メモ1—

先週、佐倉綾音&山本希望トークショーに単身行ってきました。

締め切りぎりぎりで応募したのでチケット当たるとは思ってなかったのですが、
ふたをあけてみれば最前列、これに運を使ったおかげで他の全てが上手くいかなくなったのでは。

あやねるーあやねるーと叫んできました。

あまりのかわいさに失禁しそうでしたが、
まあ失禁したら心おきなく僕も終了だと思います。

—メモ2—

僕は普段ほとんど怒らないのですが、
我慢しているわけではなく、
ほとんどの場合時限式で、
その場では何を言われたのか理解できてないことが多いからです。

しばらくはふわふわと言葉が頭の中を漂っており、
何週間何ヶ月も経ってから、それまでの文脈や流れが一気に接続され、導火線に着火して怒りが爆発します。

ただ、そうして爆発したところで、
今更蒸し返すことも出来ず、仕方なく悶々とするわけです。

そういう同じタイプの人はきっと多く、
発散する対象が周囲ではなく自分自身へと向かうため、
自分がとても扱いの面倒な人間であることをよく自覚し、
ひっそりと深く病んでいるのではないでしょうか。
本当、時間の無駄です。

SNSなり友人なりに書き散らかし、しゃべりまくる生き方のが楽でいいかと。
僕もそうします。
あっという間に色々失えておすすめです。

—メモ3—

332b5720

ゆりえタンはかわいいなあ!
まさに神アニメですねかみちゅ。神様の話ですからね。